vol.35

『 マイルール 』

自宅で過ごす時間が増えた今、自分へのこだわりや新たにルーティンワークになった事など、 私も含めマイルールが確立してきた方もいらっしゃるのではないだろうか?

起床の時間や食事のジャンル、1日の時間の使い方、例えば時間にゆとりがある時にはお風呂上がりのケアや、 寝る時間までのセオリーなど様々なことを行っていると、ものすごく早く1日が過ぎていたりする。
新年度が始まり、新たな挑戦を目の前にしている人も多いだろう。 私も挑戦の一つとして、これまでずっと取得したかった資格試験にチャレンジしている。

この事態への乗り切り方として、オンライン授業へと切り替え、4つの分野を日毎に学ぶ。そしてここにも、マイルールが生まれた。自宅での授業となると、リラックスしすぎたり集中し難いということを避ける為、 朝のうちにコーヒーを飲んでから筋トレをして目を覚ます。
この筋トレのメニューは友人が数日ごとに送ってくれる動画を参考にしている。 友人もきっと、私に筋トレメニューを送る事がマイルールになっているのではないか?

また、もう一つ生まれたマイルールは、週に1度は流行りのご飯や飲み物作りにチャレンジすること。 普段できないことを丁寧に時間をかけてこなす。それなりに手間取るが、それがちょうど良い刺激もあり、結果オーライで嬉しいことも多々。

これからもマイルールのジャンルは広がりや、新たな発見などもあり、きっと生活を彩ってくれると思う。自分らしく過ごすマイルールが、これからの人生に沢山の楽しみを与えてくれるものになるよう、気持ちは前向きにいきたいものだ。

ガールズコラムwithRHIZOME

モデル、女優、MC、レポーターとして大活躍中の崎山一葉が執筆!

過去の記事をもっとみる

ガールズコラムwithRHIZOME

モデル、女優、MC、レポーターとして大活躍中の崎山一葉が執筆!

季節を分ける日

季節を分ける日

旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日にあたる。1年を締めくくる節分は、来たる新年に向け、厄や災難をお祓いする行事が行われており、これが豆まきの由来になったといういわれがある。豆をまくのは、家長の役目とされ、その年の干支の年男、年女も吉とされている。家中の戸を開けて「鬼は外!福は内!」と大きな声で唱えながら家の外と内に豆をまき、鬼が入ってこないようすぐに戸を閉める。そのあと1年間無病息災で過ごせるよう、年の数だけ福豆を食べる風習もある。食べる豆の数は、新しい年の厄祓いなので満年齢よりも1つ多く食べる、いわゆる数え年だ。  一昨年、私はスーパーで購入した節分グッズで鬼を退治したが、その際、殻付き落花生が入っていて投げた後に拾って食べた(笑)。実に効果的、経済的だなと感心したが、北海道や東北、信越地方では、雪の中でも見つけやすいように、豆の代わりに殻付き落花生をまく風習があるそうだ。更に鬼の嫌いな柊の枝に焼いた鰯の頭を刺し、玄関に飾り魔除けにすることも。そういえば、魔物で有名なドラキュラはニンニクが苦手でヨーロッパでは、ニンニクを玄関にぶら下げる風習があり、韓国に渡ればニンニクが唐辛子に変わり、エジプトではセロリ、インドでは生姜に変わるようだ。  世界中に云い伝えられる魔除けの食材を集めると、美味しい料理が出来そうだ。各国で良く採れる食材なのでそれもそのはず。魔除け文化で見る世界の面白さの一つに、歴史や文化が沢山詰まっている。今年は食も大事に過ごす節分にしたい。

過去の記事をもっとみる
BACK NUMBER
Item 1 of 13