秋の大人ターコイズ×フェザーネイル

秋仕様のターコイズ×フェザーデザイン。トレンドのブラウンで指先から季節感を♪

秋の大人ターコイズ×フェザーネイル

musu-b特別価格

¥5,800

(税込)
〔自他店オフ代無料〕

お子様連れ大歓迎のネイルサロン♪シンプルなデザインから個性あるデザインまでお任せください!

ネイリスト歴1年宮城ひろのさんの写真

10月のキャンペーンネイル

大人個性派ネイル

ミラーパウダーを使ったうねうねネイルにダークブルー×ダークグリーンの個性派ネイル!

musu-b特別価格¥5,200(税込)

〔自他店オフ代無料〕

秋の透け感ネイル

グレー×シルバーで大人なオパールネイル♡透け感があるので、肌馴染み◎

musu-b特別価格 ¥4,900(税込)

〔自他店オフ代無料〕

Nail Salon Tiida ティダ

持ち込みデザインOK

キッズスペース有

ワンドリンク付き

☎ 090-3815-9720
住/うるま市赤道256-2 Prender龍4-B 
営/9:00〜17:00(最終受付16:00)
休/無し
P/有り(1台・1番に止めてください)

※お問い合わせの際は「"musu-b"を見た」とお伝えください!

店舗情報はこちら

水彩ニュアンスネイル♡ピンクベージュと合わせて大人可愛い指先に‼カラーチェンジもOK♪

★Ti Amoティアモ

@北谷町上勢頭

☎ 098-936-8523

「musu-bを見た」で¥4,000

オフ代/当店 500円/他店 1,000円

店舗情報はこちら

秋を感じさせる暖かな色合いが、女ゴコロをくすぐるネイル。親指と薬指のレオパード柄にちらりと光るゴールドもポイント♪

★La vie est belleラ ヴィ エ ベル

@与那原町東浜/@那覇市上間

☎ 050-5372-5875

「musu-bを見た」で¥3,000(税込)

オフ代/他店オフは1本150円

店舗情報はこちら

ヴィヴィッドなカラーでありながら、品のある色味でオトナ女子の魅力を引き立たせるネイル♪薬指のストライプがアクセントに。

★Nail salon CIELネイル サロン シエル

@糸満市兼城

☎ 080-3942-7232

「musu-bを見た」で¥4,700

オフ代/新規様無料

店舗情報はこちら

大人気ミンサー柄ネイル。普段使いはもちろん、旅行の思い出にも◎ 他にも花笠ネイルや紅型ネイルもあるよ♪

★*carly nail*カーリーネイル

@豊見城市真玉橋

☎ 080-7727-5281

「musu-bを見た」で¥4,980

※リピーター様 ¥5,480
オフ代/無料(リピーター様は8週未満の当店オフが対象)

店舗情報はこちら

ヴィヴィッドなカラーが印象的なネイル♪蜘蛛の巣やお化けなど、ダークなアートで遊びゴコロもプラス。見ているだけで楽しい!

★ネイルサロンルネッサンス

@豊見城市高安

☎ 080-6490-5855

「musu-bを見た」で¥3,000

オフ代/無料

店舗情報はこちら

レディなレッドに大理石ネイルを組み合わせた大人ネイル♪キラリと光るストーンで更に指先をキレイに見せてくれる!

★ジェルネイル専門 Mエム

@沖縄市宮里

☎ 070-5403-4289

「musu-bを見た」で¥3,000

オフ代/ソフトジェル無料

店舗情報はこちら

ブルーをベースとしたネイル。薬指にさりげなく入ったレオパード柄×パールがおしゃれ♪ゴールドラメのラインもポイント。

★RAINBOW TREEレインボーツリー

@南城市大里

☎ 090-9499-1985

「musu-bを見た」で¥3,000

オフ代/無料

店舗情報はこちら

深みのあるピンクとブラックがクラシックな雰囲気に。薬指に薔薇をはじめとしたゴールドパーツが華やかさを演出してくれる♪

★Lienリアン

@南城市玉城

☎ 080-8575-1172
【Hair&beauty Ruki-na内】

「musu-bを見た」で¥7,600(税込)

オフ代/無料(当店・他店ともに)

店舗情報はこちら

ガールズコラムwithRHIZOME

モデル、女優、MC、レポーターとして大活躍中の崎山一葉が執筆!

季節を分ける日

季節を分ける日

旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日にあたる。1年を締めくくる節分は、来たる新年に向け、厄や災難をお祓いする行事が行われており、これが豆まきの由来になったといういわれがある。豆をまくのは、家長の役目とされ、その年の干支の年男、年女も吉とされている。家中の戸を開けて「鬼は外!福は内!」と大きな声で唱えながら家の外と内に豆をまき、鬼が入ってこないようすぐに戸を閉める。そのあと1年間無病息災で過ごせるよう、年の数だけ福豆を食べる風習もある。食べる豆の数は、新しい年の厄祓いなので満年齢よりも1つ多く食べる、いわゆる数え年だ。  一昨年、私はスーパーで購入した節分グッズで鬼を退治したが、その際、殻付き落花生が入っていて投げた後に拾って食べた(笑)。実に効果的、経済的だなと感心したが、北海道や東北、信越地方では、雪の中でも見つけやすいように、豆の代わりに殻付き落花生をまく風習があるそうだ。更に鬼の嫌いな柊の枝に焼いた鰯の頭を刺し、玄関に飾り魔除けにすることも。そういえば、魔物で有名なドラキュラはニンニクが苦手でヨーロッパでは、ニンニクを玄関にぶら下げる風習があり、韓国に渡ればニンニクが唐辛子に変わり、エジプトではセロリ、インドでは生姜に変わるようだ。  世界中に云い伝えられる魔除けの食材を集めると、美味しい料理が出来そうだ。各国で良く採れる食材なのでそれもそのはず。魔除け文化で見る世界の面白さの一つに、歴史や文化が沢山詰まっている。今年は食も大事に過ごす節分にしたい。

過去の記事をもっとみる
BACK NUMBER
Item 1 of 13